美味しい低糖質パンを求めて①

ライザップでトレーナーさんの指導の下、糖質制限を始めてから、NG食材の中で私が一番食べたくなったものはパンです!
ご飯はいくらでも我慢できます。麺も大丈夫。糖質0g麺もあるし。甘いものはラカントやアーモンドプードル、おからパウダーなどを駆使して結構色々作れます。

でも、パンだけは無性に食べたくなる!そして、簡単に美味しいものが手に入らないのです。
ローソンのブランパンは糖質が低くてお値段も安く、簡単に手に入れられますが、普通の小麦粉のパンと食感が違いすぎて、残念ながらパンを食べたい欲求を満たすことができません。

ならば美味しい糖質オフパンを作ってやる!と、いろんな粉を駆使して研究を始めました。一応パン作りは趣味かつ自己流ですが経験があります。最近はあまり焼いていませんでしたが、一時期ハマってかなり焼きました。納得いくパンを焼くまでの道のりは非っ常─ーーーーに長かった記憶がありますが、千里の道も一歩からということで、とりあえずやってみます。

壁にぶち当たった大豆パン1号

最初に作ったのは、『大豆粉でつくる、糖質オフでもこんなにおいしいパンとお菓子』の基本の丸パンです。
フードプロセッサーでこねてみたものの、1つにまとまらないので、ペストリーボードに取り出して手でまとめました。

手でまとめることに

なんとか丸めてみたものの、どうにも小麦粉のパンと質感が違います。めっちゃ硬い。水分足りなくない?と思いつつも、最初なので本に忠実に作りました。

なんとか1つにまとめられました

分割後、丸め直す作業が難しすぎました。生地がくっつく力が弱く(というか皆無)、どうにも繋がらないので裏は↓こんな感じです。

それでもとりあえずオーブンに突っ込み焼き上げました。

ぱっと見はいいけど、裏は…

予想通り、割れてます。
味は、皮がかなり硬くて、正直美味しくなかったです。(後日、冷凍しておいたものを解凍して食べたら皮が柔らかくなっていて美味しくなってました)
皮も皺が寄っちゃってますね。焼き温度と時間も調整が必要そうです。小麦のパンに比べて焼き色がつきやすいような気がしました。もう少し低温で長く焼いた方がいいのかな?

でも、ブランパンよりは圧倒的にパンっぽい!可能性はあるぞ!と感じました。

懸念事項としては、大豆粉はタンパク質が豊富すぎて、これ1つでタンパク質が10gも取れてしまうこと。タンパク質は1日50gとればOKの私には多すぎます。そして、もっと小さくしないとお腹いっぱいになりすぎてしまいます。
いろいろと改善点だらけの、でも可能性も感じた大豆パン1号でした。

手軽さ最優先、おからパン1号

次に作ったのは、『えぇっ! これで糖質&脂質オフ! ? ヤセる欲望系おやつ』のおからパンです。
イーストで膨らますタイプではなく、サイリウムとベーキングパウダーで膨らます、というこれまで聞いたことのないタイプ。想像もつかないけど、とりあえず本の通りに作ってみました。

発酵もいらないので、混ぜて丸めて焼くだけ。とにかく簡単です。私は普段からどちらかというと美味しくなるなら一手間かけたいタイプで、お手軽レシピより正統派レシピを好んで作るので、作っているそばから不安で仕方なかったです。

できあがったおからパンは、おからっぽさが全面に出ていて、もそもそ、ふわふわもちもち感はなく、パンとは言えない食感でした。味は美味しいんだけどね。これはパンではないよ〜…何がいけなかったんだろう。

でも、これはこれで、おからのマフィンとかスコーンと思えば、おやつに良かったです。なんせお腹いっぱいになる!そしてお通じにもいい影響を与えているかもしれない。(ただいま検証中)

大豆パンの救世主、グアーガム!

どうやら私が求めるパンは、おからより大豆で作る方が近いようだということで、大豆パンのレシピを色々調べてみました。
小麦粉でパンを作る場合、小麦粉に含まれるグルテンが膜を作り、その膜がイーストが出すガスをキャッチすることで膨らみます。大豆粉にはグルテンがないので、小麦グルテンを追加し、パンに近い食感を作り出す、というのが大豆パンの仕組みです。(グルテンフリーとは逆を行ってますね)

しかし、ただ大豆粉と小麦グルテンを混ぜ合わせただけでは、生地が結びつく力が弱かったんです。さまざまなレシピを見比べていると、いわゆる増粘剤を少し添加することで、生地の結びつきを強くし、小麦粉のパン生地に近づけることができると知りました。増粘剤は、サイリウムでもできないかな?と思ったんですが、どうもうまくいきそうもなく、グアーガムかキサンタンガムが良さそうでした。

というわけで、早速グアーガムを購入。日々届く謎の粉に夫が呆れていますが、気にせず続けます。

レシピはこちらのレシピを参考に、ココナッツオイルの代わりにバターで作りました。

https://www.recipe-blog.jp/profile/39285/recipe/1055594


たった数gのグアーガムが入っただけで、もう生地の感じが全然違います!
小麦粉のパンと何も遜色ない質感。これは期待ができる!

ちゃんと裏もくっつきました。相変わらず皮がちょっと硬いけど、これならちゃんとパンを食べたい欲求が満たされます!

砕いたアーモンド入りも作ってみました。これもおいしかった。

というわけで、『パンを食べたい欲求を満たす低糖質パン』は、ひとまずクリアしました。
次は大好きなハードパンっぽいものにチャレンジしたいと思っていますが、ググっても見当たらないので、無謀なことなのかもしれません。でも試しに加水率を上げて、焼いてみようと思います。

サイリウムのパンも諦めてはいないので、こちらも引き続き色々試してみようと思います。

その後の試行錯誤の記録はこちら。